チャット占い・メール占い

楽天占いへ | オリジナル占い | サービスガイドライン別ウィンドウが開きます
TOP | 利用方法 | 占い師一覧 | よくある質問 | インタビュー | 特別鑑定 | 個人情報保護 | 免責事項 | お問い合わせ | 会社概要
占い師の部屋
ようこそ!ゲスト様
新規ユーザー登録
占い師の部屋とは?
占い師の部屋
マイメニュー
ポイント購入
ポイント利用履歴
登録情報編集
予約の確認
占いルームへGO!
チャット占い
メール占い
占い師検索
全占い師一覧
予約できる占い師
チャット占い
メール占い
料金/占術/目的...etc
先生の名前
事務局オススメ
ハートメッセージ 頑張ります
ミラ
ミラ(ミラ)
タロットカード(78枚)、イーチンタロット(易)、サイカードを併用してお相手の気持ちや今後の可能性を占います。性質・運気・相性に関しては主に西洋占星術や宿曜占星術を用いて鑑定します。
インタビュー
2016年2月更新。ミラ先生にインタビューしました。
[有田陽子]
このインタビューでは、普段はなかなか見えない先生の素顔に迫っちゃおうと思います。さる筋から聞いたのですが、ミラ先生は、フランスにいらしたことがあるのだとか。
[ミラ]
そうなのですよーー☆ 骨董品を扱う仕事もしていました。今も趣味でちょこっと売ったり、集めたりしていますが、以前は本格的にしていた時期があって、自分で現地に赴いて仕入れをしていました。しばらくしてその後は現地にいる日本人のビジネスパートナーたちに仕入れをお願いしていました。
[有田陽子]
かっこいい! 今、起業女子、なんて言葉もあって、女性が自分の力でビジネスを始めることもありますでしょう? ミラ先生、あこがれます!
[ミラ]
フランス・ベルギー・オランダに行っていましたよ、2週間くらいアパート借りて。パリジェンヌ気分で滞在しておりました。蚤の市とか骨とう品屋さんを巡って、自分の目利きで商品を選びに、探しに行っていました。ベルギーやオランダにはフランスからタリスという列車に乗って、いきましたよ。
[有田陽子]
どんな品物を扱っていらしたんですか?
[ミラ]
えーとですね、陶器のお皿とか、ホーローのジャグとかピッチャーとか、100年前の物など、ふるーーい小物が中心です。
[有田陽子]
今でも使えるものなんですか?
[ミラ]
使わずに飾ることが多いですね。お皿やピッチャーなど、花柄の手書きの物もあるのです。それは、昔フランスのお嫁入り道具で当時も高価な物で、今も大変貴重なものです。
[有田陽子]
確かにそんな貴重なものは、おいそれと使えないですよね。あっ、そういえば! 先生のフォトギャラリーに、ピンクのピッチャーがありますね。
[ミラ]
そう、それもです!! あれは確か、1900年代前半くらいの物ですね。
[有田陽子]
今でも、イケてるスタイリッシュなデザインですよね!
[ミラ]
そうなのです。飾っておくとガラッと部屋の感じが変わりますね☆彡 でも、近くで見ると錆びているし、黒ずんでいるし、汚らしい感じはありますが、そういうのが私は好きなのです。使い込んだ感じが経年の古さを感じて、雰囲気が素敵なのですよ。

☆★☆ まだ占いの勉強をしていなかったころ、タロットは…… ☆★☆

[有田陽子]
ところで、そんなミラ先生のお気に入りの場所ってどこですか?
[ミラ]
私はパリのマレ地区って場所が好きでした! ここは、以前は比較的安全な場所でしたけど、古着屋さんも多い街でおしゃれも楽しめましたよ。それに、日曜日になるとお店が結構閉まるのですけど、ここは多くのshopが空いてて便利でしたし、買い物にはもってこいです。
[有田陽子]
日本にあるものとは違うんでしょうね。掘り出し物もありそう。
[ミラ]
古い物ではない雑貨店もありますし、古着、個性的なアクセサリーshop、服のshopが多いので、いるだけで、お洒落にもなります。感性が磨かれる! って感じでした。
[有田陽子]
マレ地区には、占い師さんもいたりして?
[ミラ]
残念なことに占い師さんは見かけたことないのです。私ね、そのころ、まだタロットと出会っていなくて、ヨーロッパの方で占いを求めてもいなかったのです。本当、アンティークだけ! って感じでした。なので、占いしてることとかあまり聞いてもなかったし、よく知りません。タロットも賭博で使っているみたいですね。おじさんたちが……遊びで。
[有田陽子]
えっ、タロットで? おじさんたちが?
[ミラ]
タロットって、占いとしてではなく、もともとは賭博から始まったんですよ。日本で言う、花札みたいな利用方法。タロットはトランプ扱いというか、おじさん達が集まって少額をかけてゲームするんです。
[有田陽子]
へえーー! 花札みたいって言われると、ピンときますね。おもしろそう。ルールがわかったらやってみたいですね。
[ミラ]
タロットが占いに利用され始めたのは、実は近代になってからなんです。
[有田陽子]
意外ですね。タロットは、とっても古いものだという印象がありますけれども。
[ミラ]
タロットカードの存在自体は古いのですけど、今のように占いに頻繁に使われだしたのはそんなに古いことはないみたいですよ。当時のフランスは、日本のような占いブームまではなく、生活に取り入れてない感じでした。フランスでは、占いに対して、わりとさめた感じだと。私はイギリスは行ったことありませんが、イギリスなどの方面の方が占いや霊能関係は多いみたいですね。

☆★☆ 最初に習ったのは姓名判断でした ☆★☆

[有田陽子]
それで、アンティークにどっぷりだったミラ先生が、占いの道を歩んだきっかけは?
[ミラ]
はい、私はまずですね、自分の名前(本名)は親の意向で占い師(姓名判断)が名付けました。
[有田陽子]
まだ意識もないときから、占いとかかわっていたんですね。
[ミラ]
そして、11年前位ですが、これまた姓名判断の占いに詳しい高齢のおばあちゃんと知り合って、その頃で80歳(?)くらいの方ですが、この方に会うたびにちょこちょこ教わっていました。貴重な伝授でもあると思います。
[有田陽子]
お師匠様、というわけですね。
[ミラ]
そうですね! 全く初めての師匠ですけど、自然な出会いと流れでしたよ。字画数の吉凶から、陰陽の配列まで学び、その後、書籍を買っては独学を楽しみました☆彡
[有田陽子]
字画っていうのは、よく聞きますけれども、陰陽の配列ってどんなものですか?
[ミラ]
画数を計算し出してから、それぞれの数字の陰陽をみるのですけど、その組み合わせが良いかどうかをみる技もあります。画数だけで吉凶を判断しないわけですね。
[ミラ]
2で割り切れる2・4・6・8・10などを陰、2で割り切れない1・3・5・7・9・などを陽。名前の陰陽配列を考えるときは、画数が奇数の文字が陽・偶数の文字が陰と考え、この並びバランスを見たりしますよ。姓名判断も○○派とかあって、占い師によってやり方がいろいろですが……ヨーコさんのもみてみましょうか。
[有田陽子]
ありがとうございます。私の名前、「陽」ですから、陰陽って言葉には興味があります! 父に聞くと、夏に生まれたから、単純に陽子、らしいんですけどね。
[ミラ]
陰陽だけの話でピックアップすると、有が6画数(陰)、田が5画数(陽)、陽が17画数(陽)、子が3画数(陽)です。陰・陽・陽・陽……の並びですね。陰と陽が交互にはいっているのが理想的なんですけど、ちょっと陽が続いているかな。画数でみると31画が総画にあるので、男性の様にバリバリ仕事して、男女ともに責任感が強くて、財運のある良い画数お持ちなのですよ。なんだか、お仕事向きかもしれませんね。働くことで良い運が開ける☆彡
[有田陽子]
仕事、好きです。なんだか忙しくしているのが楽しいんですよね。占い師の部屋の仕事が楽しいから、というのもありますけれども。
[ミラ]
はい、31画数ってちょっと男勝りなところもあるので、お仕事で生き甲斐を感じやすかったりします。
[有田陽子]
それは自覚があるかもーー。「男だったらよかったのに」って言われることがありますもの。
[ミラ]
でも、有田さんは人格に22画数もあるので、意外と繊細な面も持っていますよ。頭も良く逆境にも強そうですので、そういうプラスの面が働くとすごく伸びる(出世など)良さそうな運勢を持たれています。うらやましいですよ。
[有田陽子]
陰陽というのが、とてもおもしろいと思ったんですが、陰が多いとどうとか、陽が多いとどうとかいう判断の仕方はあるんですか? 陽が多いとやかましいとか、陰が多いとネガティブだとか、そういう読み方はあるんでしょうか。
[ミラ]
そういう意味合いはないのですよ、陰陽は配列のバランスの問題です。画数のほうは意味がありますね。名前の陰陽は配列の良い並びとかいまいちな配列があります。全部が陰・全部が陽がいちばんよくないと言われていますよ。
[有田陽子]
陰陽は、偏りがないほうがいいということなのですね。
[ミラ]
そうです、偶数と奇数と交互に入っているのが、望ましくその配列の方がより運気が上がるみたいですね。
[有田陽子]
そっかーー、このインタビューを読んでいるみなさんも、自分の名前に入っている字の画数を数えて、「あら、私は陰が多いからおしとやかなんだわ」とか、軽く判断できたらおもしろいと思ったんですけど、そういうものでもないんですね。やっぱり、判断はプロに任せないと。
[ミラ]
そうそう!! もっと深いのですよ。
[有田陽子]
一度、自分の名前について、見直してみるのもいいですね。名づけの本などで、画数をすごく気にしちゃうこともあるけど、それだけでは判断できないとわかると、自分の名前も好きになれそうです。
[ミラ]
本など読むと気になりますよね! 漢字だけ変えて、(戸籍はそのままでOK)名乗っていく方も多いのですよ。

☆★☆ ミラ先生といろいろなカード ☆★☆

[有田陽子]
さて、さきほど少しだけ出てきたタロットについて。フランスでは、まだご興味を抱くに至っていなかったタロットですが、お始めになったきっかけとは?
[ミラ]
はい、姓名判断を始めて、更に数年経ちまして、これまたちょっと仲良くなった方がタロット教室に通っていることを知り、同時に勧められました。
[有田陽子]
タロットはお教室に通ったんですね。どんなカードを使っていらっしゃるんですか?
[ミラ]
タロットはライダーウエイトが中心ですね、後はゴールデンユニバーサルタロットといって、絵柄はライダーのを基本にしているのが好みです。あまりガラッと違う絵柄は好まないのです。
[有田陽子]
ライダー版は、占ってもらう側も、知っている人が多いですしね。私も占いはできないけど、持ってます♪
[ミラ]
タロットも色んな絵柄があるじゃないですか、もうライダー版とか似た部分ない! みたいなのもあるし、美しい癒される感じのとか多く出ていますね。でも、私はきれいなカードはオラクルカードに求めていますので、タロット自体は定番ベースで集めています☆彡
[有田陽子]
オラクルカードも鑑定で使うんですね。
[ミラ]
はい、オラクルカードはメッセージ的なものなので、気持ちとか未来って言うより、今の目的とかそういうのに使いますね。その時の相談によって、サイカードも併用したり、イーチンタロットを併用したり、まちまちです。
[有田陽子]
すごい、用途によって、いろいろなカードを使い分けるんですね。イーチンタロットって易でしたっけ?
[ミラ]
はい、これは易のカードで、変爻(へんこう)は使わず、周易(しゅうえき)の意味を取っています。
[有田陽子]
どんな用途で使うカードでしょう。
[ミラ]
イーチンタロットもタロットと同じく感性で読み取りますが、易の64卦の意味合いを持っています。基本的には八つの象意で表されています。「当たるも八卦、当たらぬも八卦」のあの八卦ですね。人の気持ちというより、現在・未来とか状況をみるほうが適しています。
[有田陽子]
ズバリと答えが出るタイプなんですか?
[ミラ]
ズバリと言うより、意味合いから探る感じがありますね! 八つの象意、この八卦が上下に重なり64通りの結果が導き出されます。例えば、今後が「火風鼎(かふうてい)」とでましたら……鼎とは、三本足のなべのことなのですが……三本足なので、とてもしっかり安定性があります。
[ミラ]
すべてが整うような調和的な意味合いがあり、いい意味ですね。でも、もし結婚の運勢などで出た場合は、第二夫人が出来る可能性も秘めています。本妻、愛人と三人でうまくいくというマイナス面もあるのですよ。
[有田陽子]
な、なんとそんな意味も!
[ミラ]
あと、「沢山咸(たくさんかん)」が出た場合も、男女関係では感じ合う意味合いがあるので、相思相愛、愛情には良い意味合いです。でも、恋愛以外で見た場合、感じやすいことから精神的にしんどくなるくらい考え込んでしまう未来も示しています。
[有田陽子]
同じ結果でも、何を占うかによって、意味が変わってくるんですね。
[ミラ]
良い意味合いもマイナスな意味合いも含んでいたりしますから、ちょっと慎重に読み取らねばいけませんし、易の勉強も途絶えないでずっとしていくつもりです。

☆★☆ サイカード ☆★☆

[有田陽子]
続いて、サイカードってどんなものですか? あまり聞きなれないので。
[ミラ]
はい、サイカードですね。これは、イギリスでユング心理学から生まれたカードです。私はこのカードは無意識の心の状態を知りたい場合など利用することが多いです。
[有田陽子]
ユング心理学……あ、もしかして、「サイ」って、「psy(心)」? サイコロジー(心理学)のサイですか。
[ミラ]
そうです、サイ(psy)カードです。タロットと使い方が違うのは正逆がないのと、カードの意味と言うよりそのカードを見た時のイメージや印象から意味などを見出す感じですね。
[有田陽子]
わーー、おもしろそう。どんなカードがあるんですか。
[ミラ]
カードは全部で40枚あって、中にはYES、とかNOっていうだけの、シンプルなカードもあります。私も実験みたいに自分のことを占ったりもしますが、NOとか出ると、ガーンってなったりして。当たりますね……曖昧には出てくれないですね。
[ミラ]
逆に「YES」って出ると、うれしいけど、なんかそれだけ? って物足りなくなるような(笑)でも、シンプルで分かりやすいのも、時にはいい感じです。
[有田陽子]
……すると、「彼はわたしのことをどう思ってますか」ってな質問に対し、いきなり「NO!」なんて、出ちゃうことも……? 可能性としてはありうるわけですよね。
[ミラ]
はい、あるのですよーーー! 心臓が弱い人には不向きですね(笑) 私も実は臆病者なので、カード見るの、怖いときあります。それから、優柔不断な方には「The puzzle」がよく出たり。
[有田陽子]
パズルですか?
[ミラ]
はい、そのまんま。ストレートに読みます。「あなたの気持ちは、パズルのように、複雑だ」という答え。
[有田陽子]
あはは!
[ミラ]
未来を聞くのが怖い場合は、「アドバイス」だけカードに聞けば、いいんじゃないかな。
[有田陽子]
なるほど、最初に「アドバイスをください」って設定して、サイカードを開くんですね。 [有田陽子]
それにしても、「なんとかの女神」とか、いかにも神秘的な名前のカードがあるわけではないんですね。
[ミラ]
そうですね。他にも、the message(メッセージ)というカードがあります。これは、相手の気持ちに出た場合、メールとかラインとか電話でもいいのですけど何かしら連絡を取りたがってる場合に出やすいんです。YES、NOと同様、よく当たります。占った後、連絡が来た! といった感じで。
[有田陽子]
おおおおーーー、現象として表れてくる内容が具体的なんですね。
[ミラ]
そうです、そのまんまやんか(関西人なので)って突っ込みたくなること多いですよ。
[ミラ]
具体的に、細かく、といった感じはタロットの方が得意な部分があったりするのですけどね。
[有田陽子]
「もう、結論出したい!」というときには、サイカード?
[ミラ]
そうです。ズバリ出ますし、心理面でも分かりやすかったりしますので、私はちょっと欲張りなのですね、あれもこれも、イーチンタロットも好きで使いたいし。
[有田陽子]
タロット、イーチン、サイカード、オラクルカード……それぞれ、個性があるんですね。
[ミラ]
私は、ほんと、カード好きで(笑) 一度、カットしてる最中に指を骨折しました。
[有田陽子]
えっ、骨折!
[ミラ]
カードを切っている最中に親指にドキューン! と当たってしまって、ずっと突き指だと思っていましたら、治らないのです……。
[有田陽子]
よりにもよって親指なんですか。それはご不便でしたでしょう。
[ミラ]
で、整形外科でレントゲン取ると剥離骨折と言われまして、それから数カ月薬を塗ったり冷やしたり……ただでさえ太い指がよけいに大きくなりました(笑)
[有田陽子]
あらーー、これも職業にしている人ならではですね。
[ミラ]
はい、「早く!!」って思うと、失敗するのですね、気をつけないと。

☆★☆ ミラ先生のルームへ遊びに行きましょう ☆★☆

[有田陽子]
今日は、骨董品のお話しから始まって骨折まで、あっちこっち話が飛んじゃいましたが、どうぞこのインタビューを読んでいるみなさんに向けて、メッセージをお願いします。
[ミラ]
そうですね……私からのお伝えしたいメッセージは、未来はきまりきっていません、私たちは自分ので手で未来を作り上げる力があります。占いっていうのは、方位磁石みたいなものだと思います。希望を持って進んでいく方向を示し、様々なご相談のお役に立ちたいと思います。
[有田陽子]
ありがとうございます。様々なカードや、姓名判断で、未来について占っていただいたら、とっても楽しそうです♪