チャット占い

TOP | 利用方法 | 占い師一覧 | よくある質問 | インタビュー | 特別鑑定 | 個人情報保護 | 免責事項 | お問い合わせ | 会社概要
アット・ニフティロゴ presented by 占い@nifty 占い師の部屋
ようこそ!ゲスト様
ログイン 
新規ユーザー登録
占い師の部屋とは?
うらへやスター
マイメニュー
ポイント購入
ポイント利用履歴
うらへやスター確認
登録情報編集
予約の確認
占いルームへGO!
チャット占い
占い師検索
全占い師一覧
予約できる占い師
チャット占い
料金/占術/目的...etc
先生の名前
事務局オススメ
うらへや通信
メール鑑定の小部屋
2021年1月15日更新

占いには、専門用語がたくさん! 知りたかったあの用語、この用語を解説します。
さ行
三才守護星十二支十干節分

【三才(さんさい)】:四柱推命/九星・気学/風水/算命学/易など
中国発祥の世界観のひとつ。世界を構成する天・地・人の3つの気を総称して三才(さんさい)と言います。三元(さんげん)、三儀(さんぎ)、三極(さんきょく)とも。解釈の仕方は学派によって少しずつ違いますが、天は陽で父、地は陰で母、人はその間に生まれた子と考えるとわかりやすいでしょう。生け花などの芸術の世界で、黄金比率の三角形として表現されることもあります。政治や軍略の原理として使われるときは、「天の機、地の利、人の和」が揃うのが最上とされます。易、四柱推命、九星気学、風水など、東洋の占いすべてに共通する世界観です。

【守護星(ruler)】:西洋占星術/インド占星術
星座には、それぞれに守護星(支配星とも)があります。守護星になるのは、惑星たちです。各星座にも固有の意味があるのですが、守護星はその星座に動機を与えます。
堅実な性質と言われる星座、おうし座とやぎ座を例にとりましょう。どちらもしっかりたくわえを作り、少々困った事態に追いこまれても、耐え抜く力があります。
しかし、両星座では、たくわえを作る動機が違います。ここで関わってくるのが、守護星です。
おうし座の守護星は愛と美の女神の星、金星。美しいもの、おいしいもの、心地よいものに囲まれて、豊かな暮らしがしたい。だから、がんばって貯金します。
一方、やぎ座の守護星は思慮深い老賢者の星、土星です。いつも不測の事態に備え、問題に対処できるよう、二重にも三重にも守りを固めています。貯金は、そんな守備行動のひとつです。
このように、守護星は、その星座の「求めるもの」に影響を与えます。

■各星座の守護星■
星座 守護星 星の性質 動機
おひつじ座 火星 戦いの星 道なきところを開拓したい
おうし座 金星 愛と美の星 美しいものに囲まれて心地よく過ごしたい
ふたご座 水星 コミュニケーションの星 多くの人と話し、情報を集めたい
かに座 母性と優しさの星 愛するものを守りたい
しし座 太陽 意志と目標意識の星 成功したい
おとめ座 水星 コミュニケーションの星 多くの人と話し、情報を集めたい
てんびん座 金星 愛と美の星 美しいものに囲まれて心地よく過ごしたい
さそり座 火星
冥王星
戦いの星
深い情愛の星
道なきところを開拓したい
愛するものとひとつになりたい
いて座 木星 幸運と豊かさの星 物心ともに豊かになりたい
やぎ座 土星 思慮と堅実の星 実用性重視
みずがめ座 土星
天王星
思慮と堅実の星
変革の星
実用性重視
自由でありたい
うお座 木星
海王星
幸運と豊かさの星
幻想の星
物心ともに豊かになりたい
夢を見ていたい
さそり座、みずがめ座、うお座に2つの守護星があるのは、近代以降の天文学の影響によるものです。天王星、海王星、冥王星が発見されたのは、望遠鏡が発明されてからですから、紀元前の占星術師たちが知るはずもありません(いちばん早い天王星でも、1781年の発見)。古典の西洋占星術と、インド占星術に登場するのは、土星までの、肉眼で見える7つの星たちです。

各星座の守護星たちは、その星座に入った惑星たちにも影響を与えます。いわゆる「〇〇座生まれ」とは、太陽がその星座に入ったときに生まれたことを意味します。太陽は、その人のアイデンティティを決定する星です。 例えば、ふたご座の太陽は、守護星であるコミュニケーションの星、水星の影響を受けて、多くの人と対話し、情報を集めます。

【十二支(じゅうにし)】:四柱推命/九星・気学/風水/算命学/易など
東洋の占いでは、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥(ね・うし・とら・う・たつ・み・うま・ひつじ・さる・とり・いぬ・い)の12個が、1年ごと・1か月ごと・1日ごと・2時間ごとに順にめぐるルールを使って、運命を読み取ります。もともとは占いに使われていたものではなく、季節の流れや時間、方位などを表す「単位」でした。陰陽五行よりも古い時代に成立していたものであるらしく、いつ、誰が作ったのかわかりません。十二支を動物に当てはめるアイディアは、ずっと時代が下ってから生まれ、「十二生肖(じゅうにせいしょう)」ともいいます。

【十干(じゅっかん・じっかん)】:四柱推命/九星・気学/風水/算命学/易
木・火・土・金・水の五行にそれぞれ陰陽を組み合せて、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸(きのえ・きのと・ひのえ・ひのと・つちのえ・つちのと・かのえ・かのと・みずのえ・みずのと)の、10の気としたもの。名前の最後に「え」とつくと陽、「と」とつくと陰です。甲に始まり、癸に至り、また甲に戻る様子は、万物の栄枯盛衰の循環を現しています。十二支と同様、1年ごと・1か月ごと・1日ごと・2時間ごとに順にめぐるルールを使って、運命を読み取ります。

【節分(せつぶん)】:暦
占いで使う暦・旧暦における、季節の分け目。
春夏秋冬の4回あるのですが、一般的に「節分」と呼ばれるのは、前年と今年との境目である「春の節分」です。
「節分の日」は、「立春の位置(水瓶座15度)に、太陽が到達する瞬間を含む日の前日」と定義されています。豆まきを行うのは、この日です。

毎年だいたい2月3日になることが多いのですが、2021年は2月2日です。なんと、1897年以来、124年ぶり。国立天文台の発表によれば、太陽が立春の位置に到達する瞬間が、2月3日23時59分(日本標準時)なので、このような日程になります。
また、立春の瞬間が2月5日になることもあり、1900年代の初めごろの節分の日は、2月4日になる年のほうが多いほどでした。2021年より先は、だんだん、2月2日が節分の日になる年が増えていきます。

なお、いわゆる「生まれ年の干支」や「九星本命星」は、節分を境にして変わります。2021年は丑年(うしどし)・六白金星の年ですが、占いで使う暦では、節分の日まで前年の扱いです。すなわち、2021年2月2日生まれの子までは、子年生まれ、本命星は七赤金星となります。

※注
生まれ年の干支、九星本命星を決めるときには、さらに厳密に太陽の位置を勘案することもあります。同じ日付でも、太陽が立春の位置(水瓶座15度)に到達していなければ、前年として扱う占い師もいます。


監修:占い師の部屋事務局
占い紹介トップに戻る