チャット占い・メール占い

占い師の部屋-好きな占い師に、チャット・メールで直接相談!あなたに真実を告げる占い師がきっとココに・・・
TOP | 利用方法 | 占い師一覧 | よくある質問 | インタビュー | 特別鑑定 | 個人情報保護 | 免責事項 | お問い合わせ | 会社概要
うらへやスター
マイメニュー
ポイント購入
ポイント利用履歴
うらへやスター確認
登録情報編集
予約の確認
占いルームへGO!
チャット占い
メール占い
占い師検索
全占い師一覧
予約できる占い師
チャット占い
メール占い
料金/占術/目的...etc
先生の名前
事務局オススメ
うらへや通信
2021年6月14日更新

占いには、専門用語がたくさん! 知りたかったあの用語、この用語を解説します。
な行
ナクシャトラ納音二十四節気二十八宿

【ナクシャトラ(nakshatra)】:インド占星術
月が1日の間に移動する距離をもとに、全天を27に分けた区分です。西洋占星術では、太陽の動きをもとにした黄道12星座が重要視されますが、インド占星術では、ナクシャトラも重視して占います。

現在使用されている一般的なナクシャトラは、太陽の通り道である黄道360度を27に均等に分割します。1つのナクシャトラの範囲は、角度にして13度20分です。おひつじ座0度以降13度20分未満がアシュビニ、13度20分以降26度40分未満がバラニ、おひつじ座26度40分以降牡牛座10度00分未満がクリッティカ……と、続きます。ただし、ここでいうおひつじ座とは、インド占星術のおひつじ座であり、西洋占星術のおひつじ座とは、違います。

インド占星術では、西洋占星術と同じ12星座を使いますが、サイデリアル方式といって、恒星の位置を基準に、12星座の位置を決定します。西洋占星術の12星座は、トロピカル方式といって、春分点を基準に、12星座の位置を決定します。そのため、インド占星術の12星座と、西洋占星術の12星座は、時間が経つにつれ、だんだんずれていきます。2000年の時点では、インド占星術のおひつじ座0度は、西洋占星術では、おひつじ座23度51分ほどに相当します。
ナクシャトラもまた、インド占星術の12星座におけるおひつじ座0度が起点なので、西洋占星術の12星座とは、ずれていきます。

27のナクシャトラは、以下です。
 ナクシャトラ名守護星始まりの度数(インド)始まりの度数(西洋)
アシュヴィニケートゥおひつじ座00度00分おひつじ座23度51分
バラニ金星おひつじ座13度20分おうし座07度11分
クリッティカ太陽おひつじ座26度40分おうし座20度31分
ローヒニおうし座10度00分ふたご座03度51分
ムリガシラ火星おうし座23度20分ふたご座17度11分
アールドララーフふたご座06度40分かに座00度31分
プナルヴァス木星ふたご座20度00分かに座13度51分
プシュヤ土星かに座03度20分かに座27度11分
アーシュレーシャ水星かに座16度40分しし座10度31分
10マーガケートゥしし座00度00分しし座23度51分
11プールヴァ・パールグニ金星しし座13度20分おとめ座07度11分
12ウッタラ・パールグニ太陽しし座26度40分おとめ座20度31分
13ハスタおとめ座10度00分てんびん座03度51分
14チトラ火星おとめ座23度20分てんびん座17度11分
15スヴァーティラーフてんびん座06度40分さそり座00度31分
16ヴィシャーカ木星てんびん座20度00分さそり座13度51分
17アヌラーダ土星さそり座03度20分さそり座27度11分
18ジェーシュタ水星さそり座16度40分いて座10度31分
19ムーラケートゥいて座00度00分いて座23度51分
20プールヴァ・シェーダ金星いて座13度20分やぎ座07度11分
21ウッタラ・シェーダ太陽いて座26度40分やぎ座20度31分
22シュラヴァナやぎ座10度00分みずがめ座03度51分
23ダニシュタ火星やぎ座23度20分みずがめ座17度11分
24シャタビシャクラーフみずがめ座06度40分うお座00度31分
25プールヴァ・バードラパダ木星みずがめ座20度00分うお座13度51分
26ウッタラ・バードラパダ土星うお座03度20分うお座27度11分
27レーヴァティ水星うお座16度40分おひつじ座10度31分
※ラヒリのアヤナムシャ2000年時点

ナクシャトラが大事なのは、月がどのナクシャトラを運行しているときに生まれたかによって、ダシャが決まるからでもあります。ダシャは、人生の時間を複雑な計算法によって区切り、各期間の運命を司る守護星を割り出す占法です。生まれたときに月が運行していたナクシャトラの守護星が、ダシャ算出の基準となり、何歳のときに何が起きるか、具体的に占うことができます。

【納音(なっちん)】:四柱推命
六十干支に五行を配当して、さまざまな名前をつけたもの。30種類あります。自由律俳句で有名な種田山頭火の「山頭火」も納音のひとつです。雨が地面をたたくときに音がするように、事物が変化するときには、何か音がする。同じように、五行と干支が交わるときも何か「音を納める」から、納音というのだとか。六十干支と同様、規則性をもって循環します。昔は、六曜(大安、仏滅など)と同じくらいポピュラーなものでしたが、今は知る人も少なくなった占いの要素です。

【二十四節気(にじゅうしせっき)】:四柱推命/九星気学/風水/算命学/陰陽道など
春夏秋冬の季節の始まりを私たちは体で感じますが、果たして、季節は、いつの瞬間に変わるのでしょうか。その瞬間をはっきりと定義するのが、二十四節気です。基準となるのは、地球と太陽の位置関係。太陽の通り道、黄道のどこに太陽が見えるかによって決まります。
太陽の黄道上の位置は、春分点を0度として、360度の度数で示します。

■二十四節気■
季節 名前 読み 太陽黄経 日程 節入り
小寒 しょうかん 285度 1月6日  
大寒 だいかん 300度 1月20日  
立春 りっしゅん 315度 2月4日 年の節入り・春の節入り
雨水 うすい 330度 2月19日  
啓蟄 けいちつ 345度 3月6日  
春分 しゅんぶん 0度 3月21日  
清明 せいめい 15度 4月5日  
穀雨 こくう 30度 4月20日  
立夏 りっか 45度 5月6日 夏の節入り
小満 しょうまん 60度 5月21日  
芒種 ぼうしゅ 75度 6月6日  
夏至 げし 90度 6月22日  
小暑 しょうしょ 105度 7月7日  
大暑 たいしょ 120度 7月23日  
立秋 りっしゅう 135度 8月8日 秋の節入り
処暑 しょしょ 150度 8月23日  
白露 はくろ 165度 9月8日  
秋分 しゅうぶん 180度 9月23日  
寒露 かんろ 195度 10月8日  
霜降 そうこう 210度 10月24日  
立冬 りっとう 225度 11月8日 冬の節入り
小雪 しょうせつ 240度 11月22日  
大雪 たいせつ 255度 12月7日  
冬至 とうじ 270度 12月22日  
※日程は2019年の日付を記載しました。年によって日付は前後します。

このうち、立春(太陽黄経315度)を年の節入り(せついり)と呼び、多くの東洋系の占いでは、1年の始まりとします。いわゆる寅年生まれや辰年生まれなど、生まれの十二支は、年の節入りが基準です。
例えば、2019年は亥年(いのししどし)、2018年は戌年(いぬどし)ですが、2019年1月はまだ立春の前なので、前の年の扱いです。すなわち、2019年1月生まれの人は、亥年生まれではなく、戌年生まれということになります。
2019年の立春は、2月4日12時14分(国立天文台暦要項より)。厳密に言うと、2月4日12時13分生まれまでの人が戌年生まれで、12時14分生まれ以降の人が亥年生まれということになります。
九星の本命星(ほんみょうしょう)も、年の節入りをもって切り替わるので、2019年の場合は、2月4日12時13分生まれまでは九紫火星、12時14分生まれ以降が八白土星となります。
なお、流派によっては、節入りの瞬間を含む日を「節入り日(せついりび)」と呼び、時間とは関係なく、その日になったら節入りしたとみなすこともあります。

【二十八宿(にじゅうはっしゅく)】:暦
宿とは、月が1日に移動する距離を基準に天空を区切る目盛りのこと。ルナマンションとも呼ばれます。古代メソポタミア、インド、中国などで、天体の位置を知るために使われました。
メソポタミアの天文学にも、インドの天文学にも、似たようなものはあるけれど、中国の二十八宿は、独自に発祥し、発達したと考えるのが自然なようです。
たとえば、インド発祥の宿・ナクシャトラが天空を27のエリアに区切るの対し、中国発祥の二十八宿は、天空を28のエリアに区切ります。ナクシャトラは、「360度÷27=13.333...度」で、天空を等分割しますが、二十八宿は天空を不等分に28分割します。宿の目印になる恒星を基準に、幅の広い宿もあれば、狭い宿もあるといった具合です。
しかも実は、その恒星が西洋の天文学でいうところのどの恒星にあたるのか、完全に同定されていません。

発祥のころの二十八宿は、天体の位置を知るために、天空に設定された区分でしたが、やがて、天文学とは離れて、日の吉凶を示す循環暦の一種になりました。
28の宿は、7つずつ東西南北の4つのグループに分けられ、東方・角(かく)宿から、1日ずつ巡ります。
日本では、1685年、貞享(じょうきょう)2年の改暦の際に、正月朔日が星宿の日であると定められ、それから現在も循環し続けています。そのため、各宿の曜日と日の十二支との対応は、変わりません。

  宿 読み 方位 曜日 十二支
かく木曜寅or午or戌新しい服を着る、柱建て、酒造り、結婚。葬式。
こう金曜卯or未or亥結納、婚礼、種まき、裁縫。家づくり。
ていてい土曜辰or申or子婚礼、酒造り、移転。新しい服を着る、家づくり。
ぼう日曜巳or酉or丑大吉日・婚礼、旅行、神事、家づくり。なし。
しん月曜午or戌or寅神事、仏事、移転、旅行。家づくり大凶・盗難。
火曜未or亥or卯婚礼、開店、移転、薬の調合、家づくり。衣類を作る。
水曜申or子or辰酒や醤油を作る、貯蓄、家づくり。婚礼、葬式。
木曜酉or丑or巳家づくり、地鎮。吉のこと以外全て凶。
ぎゅう金曜戌or寅or午万事、大吉日。ただし午の刻をのぞく。なし。
10じょ土曜亥or卯or未武器を作る、髪をとかす。吉のこと以外全て凶。
11きょ日曜子or辰or申入学。家づくり、相談ごと。
12月曜丑or巳or酉壁塗り、かまどづくり、外出。衣類を作る。
13しつ火曜寅or午or戌祭祀、祈願、婚礼、船出、家づくり。とくになし。
14へき水曜卯or未or亥子孫繁栄の大吉日。家づくり、婚礼、衣類を作る。なし。
15けい西木曜辰or申or子大吉日。婚礼、棟上げ、井戸掘り、旅立ち。なし。
16ろう西金曜巳or酉or丑大吉日。婚礼、家づくり、引っ越し。衣類を作ると寿命が延びる。なし。
17西土曜午or戌or寅就職、婚礼、家づくり。衣類を作る。
18ぼう西日曜未or亥or卯神仏祈願、家づくりなし。
19ひつ西月曜申or子or辰神事、祭礼、家づくり、不動産取得。なし。
20西火曜酉or丑or巳入学。家を作ると財産を失う。
21しん西水曜戌or寅or午高額な買い物、養子を取る、家づくり、遠出。なし
22せい木曜亥or卯or未神事、種まき衣服を作ると離婚につながる。
23金曜子or辰or申二十八宿中いちばんの大吉日。なし。
24りゅう土曜丑or巳or酉なし。家づくり、葬式。
25せい日曜寅or午or戌馬に乗り始める、療養開始。婚礼、葬式。
26ちょう月曜卯or未or亥外出、就職、婚礼、種まき、養蚕。なし。
27よく火曜辰or申or子種まき、外出。婚礼は離婚に繋がる。
28しん水曜巳or酉or丑万事、大吉日。ただし、衣類を作ると火難に遭う。

※「てい」は、「低」のにんべんを取った字。
二十八宿を使った日の吉凶の内容は、現代の生活には即していない点もあり、活用は難しいかもしれませんが、特定の日の二十八宿は、曜日と十二支から割り出すことができます。

例:2021年7月1日は、木曜日・辰の日。
上の表から、木曜日かつ辰の日を探すと、奎(けい)が見つかる。
2021年7月1日は、奎宿の日。

監修:占い師の部屋事務局
占い紹介トップに戻る